会長挨拶(役員紹介)

 

この度、茨城県クレー射撃協会ホームページ開設にあたり協会長としてご挨拶申し上げます。

まず初めに、当協会は1971年(昭和46年)3月に、わずか7名の基にスポーツとしてのクレー射撃の拡大と技術向上を目的に設立されました。当時の運営にあたっては大変な苦労の連続であったと聞いております。現在の私たちのクレー射撃協会が存続し、近年において国体等で素晴らしい成績を残せたのも、当時設立にあったった方々の基に成り立っていると考えております。改めてこの場をお借りして感謝の意をお伝えしたいと思います。

さて、現在、当協会の会員数は女性4名を含む、60数名で運営を致しております。なお、この女性の中にはオリンピックに出場すること連続4回、現在も日本のトップシューターとして活躍している選手も含まれます。

クレー射撃を行うためには、銃の所持許可の所得や火薬取締法等の面から始めるためのハードルが高いスポーツですが、散弾銃を撃ったときの体に残る衝撃の豪快さ・クレーが割れたときの爽快感、また、非常にメンタルなスポーツとなりとても奥の深いスポーツで、一度始めるとその面白みに嵌まってしまうことでしょう。興味のある方は、是非所持許可をとり、銃を所持しクレー射撃を行っていただければと思います。

平成31年に第74回国民体育大会クレー射撃競技が、茨城県笠間市で【茨城県狩猟者研修センター 笠間射撃場】にて開催されます。
今、私達会員一同は開催成功に向け競技関係機関との打合せ等、開催とより良き成功を収める為に準備を進めております。また、茨城国体において良い成績を収めるために強化練習等にも力を入れ、協会員のいっそうの技術力向上にも取り組んでおります。

茨城国体に参加したいという方は是非国体レベルの練習をしていただければと思います。当協会の運営の基本は、人の輪を大事にし、協会員の技術力向上を目的としております。

同上の趣旨に賛同し、クレー射撃技術の向上を願う方は是非、当協会に入会しその目標達成をしていただければと思います。

終わりに、関係各位に今後ともご支援とご協力をお願い申し上げ、開設のご挨拶とさせていただきます。

                                                平成29年7月

組織・役員 平成29年4月

役職 名前 その他
会長 沼田 利光 2017年度規約改正委員
副会長 スキート 山下 忠一  
副会長 トラップ 岸本 健也 本部正会員兼務 セット委員長 トラップ
顧問 渡辺 二郎  
理事長 萩野谷 豊光 総務委員会 委員長
理事 菊地 英雄 総務委員会 会計
理事 赤川 順一 総務委員会 委員 スキート
理事 藤田 秀人 総務委員会 委員 トラップ
理事 長谷川 清  
理事 田村 盛一 倫理委員会 委員長
理事 大川 幹雄 競技委員会 委員長 トラップ
理事 永山 一正 記録委員会 委員長
理事 諏訪 和之 記録委員会 副委員長
理事 山崎 眞己 セット委員 スキート
理事 石井 克明 セット委員 スキート
理事 戸塚 聖嗣 セット委員 トラップ
監事 並木 仁 会計監査
監事 野口 裕宣 会計監査 記録委員会 委員
特別監事 中山 由起枝 広報部